省エネエキ住宅・SW工法

HOME > SW工法・スーパーウォール工法 > 部屋間の温度差が小さい

SW工法の特長

SW工法の特長SW工法は、独自の高性能SWパネルによる、高気密・高断熱・高耐震構造。冷暖房や計画換気システムを組み込んで、お部屋ごとの不快な温度差や空気のよどみなどを解消し、住まいの基本性能を大きく向上します。


部屋間の温度差が小さい

SW工法快適空間SW工法なら、温度差の小さい生活空間は、身体へのストレス軽減にとどまらず、集中力アップによる作業の効率化など、ひとへのプラス影響が多く期待されるため、家づくりにおける”室温設計”が重要になります。
※次世代省エネ Ι 地域のように外気温が低い地域において吹抜けを設ける場合は、特に開口部と暖房設計に注意してください。


温度差によるヒートショック

冬場のトイレや浴室、脱衣所などで感じる不快感。その急激な温度変化は、体に大きなストレスとなり体調不良の原因になります。とくに高齢者には血圧上昇によって心臓に大きな負担がかかり、生命の危険を伴う重大問題となります。

温度差によるヒートショック

高齢者の家庭内死亡事故の多くが入浴中、浴槽内での溺死であり、寒い時期に集中しています。その多くが温度差によるヒートショックで、心筋梗塞や脳出血・脳梗塞などを引き起こしたことが原因と考えられます。

温度差によるヒートショック


トイレ、洗面も快適空間

温度差比較イメージ不快な温度差の代表例となるトイレや洗面空間も、SW工法住宅なら冷暖房を併せて室内温度を効率よくコントロール。温度変化の小さい快適な室内空間を実現できます。








Trust-sw-heya-sub-title1.png

Trust-sw-heya-img5.png

居室
窓ぎわから部屋上下までほぼ均一な室内温度

Trust-sw-heya-sub-title2.png

Trust-sw-heya-img6.png

居室
部屋上下の温度差大、足元は冷たく不快

Trust-sw-heya-img7.png

トイレ
住宅居室と温度差の小さい快適なトイレ空間

Trust-sw-heya-img8.png

トイレ
冷気に満ちたトイレ、居室との温度差大

※熱画像で示される温度分布は、壁面上の温度分布です。

◎SW工法における冷暖房について

SW工法のすぐれた保温性能と冷暖房との併用によって、一年を通して快適な居住環境を実現しています。
※一酸化炭素を室内に放出する開放型の暖房設備は使用できません。酸欠や一酸化炭素中毒の恐れがあります。


ページトップへ

Trust_Sw_Title3.png

Trust_Jishin_Map1.png
木造軸組工法の場合、外力が柱や筋交いに集中して、建物がねじれやすくなります。SW工法は木造軸組工法に高性能SWパネスをプラスすることで、外力を建物全体に分散してバランスをとる、災害に強い住まいを実現。SW工法で使用するSWパネルやサッシは、様々な試験で耐震性・耐風性をチェックし、その高い安全性が実証されています。

ページトップへ


SW工法省エネ住宅

トラスト建設のSW工法注文住宅

Trust-side-Chumon-image1.png

Trust-Chumon-bana1.png

トラスト建設推奨物件情報

やさしい生活

スーパーウォールスタイル

お問い合せ・ご相談

SW工法|スーパーウォール工法やデザイン注文住宅など、住まいの事でのご相談やお問合せは、お電話又は、お問合せコーナーよりお気軽にお問合せ下さい。

LinkIconお問い合せはこちらから

施工事例

建主様の思いがこもった当社施工事例をご案内させていただいています。

LinkIcon詳しくはこちら